• HOME
  • カルクウォール

カルクウォール


カルクウォールとは?

スイスが生んだ天然成分100%の本漆喰

スイスの本漆喰「カルクウォール」は天然成分100%でありながら、素材のもつ優れた性能により古代から現在まで愛され続けてきました。
いつでも過ごしやすい快適空間が維持できる安全で優れた素材です。


カルクウォールの特徴

特徴その1:高い防火性と断熱性

夏は涼しく冬は暖かい

合成樹脂を含まない本物の漆喰ですから防火性が高く、有害なガスを出しません。
また、カルクウォールは厚さ2ミリ以上もの漆喰壁を作り出し、その軽石のような構造により空気層を持つため断熱性が高く、夏は涼しく冬は暖かい理想的な居住空間を実現します。


特徴その2:優れた強度と耐水・対汚染性

耐久性抜群でいつまでもきれい!

化学物質の力を借りず空気中の二酸化炭素を吸収しながら結合し、100年をかけて硬く強くなります。水にも強いカルクウォールは内装だけでなく外装の仕上げにも使用できます。
さらに、水になじみ汚れを容易に洗い落とす性質がある為いつまでもその美しい白さを保ち、カビの発生を抑えることで黒ずみの起き難い外壁となります。
また、カルクウォールには太陽の紫外線とスイス漆喰の強アルカリ性の力により汚れを自ら落とし、白く綺麗に保とうとする自浄作用があります。
完工後の美しさが長く続きます。


特徴その3:優れた調湿性と呼吸性

呼吸する壁でかび・ダニの発生も抑えます。

カルクウォールの壁は常に呼吸をしています。
生物のように呼吸し、有害物質を吸収分解する力は、原料である石灰岩が豊富なスイスアルプスと300年以上変わらない製法に由来します。壁自体が呼吸をすることで、室内の空気を清浄に保ち、タバコなどの臭いや有害化学物質も吸着してその臭いを消してくれます。室内環境を改善する優れた機能は、医療機関や福祉施設にも適する内装素材です。また、無垢の木と同様の調湿性を持つことで、木と組み合わせた健康住宅にはベストバランスと言えます。
アレルギーを誘発するダニ・カビは湿気とホコリで発生します。カルクウォールの呼吸性と調湿効果によりダニ・カビの発生を抑え、結露の発生もありません。
また、カルクウォールの持つPH12.4のアルカリ性によってダニ・カビを死滅させ、湿気をコントロールし、カビなどの菌類が生息できない環境を作り出します。
右の写真はワイン貯蔵室に使われた例。ワインそのものの香りを維持する目的で使われています。



  • 仙台 中古住宅 マンションリノベーション